美白クリーム

美白成分の種類について

美白系の化粧品を使っている方は多いです。最近の美白ブームもありますね。
しかし、美白化粧品というのは意外と難しいのです。
今使っている美白クリームで、シミが薄くなってこない・・・なんて思っている方は、正しい美白化粧品を選んでいない可能性も。
そして、美白しているはずが、気が付いたらお肌が荒れていた・・・という悲しい結果にも・・・。
美白クリームの種類、正しい美白クリームの選び方についてご説明しますね。

まず、美白とはなんでしょう。文字通り、「白く美しく」することなのですが。。。
美白クリームには2種類あります。
・今出来ているシミを薄くする(漂白型)
・今後シミを作らせない(予防型)

これは美白クリームに配合されている成分によって決まります。

漂白型の美白成分

漂白型の美白成分で有名なのは「ハイドロキノン」です。
ハイドロキノンは、昔は医療機関でのみ扱われていました。薬事法の改正により、今では一般の化粧品にも配合されているのです。
ただし、ハイドロキノンはお肌にはちょっと強い成分であり、使い方には注意が必要です。
・強い成分であるため、お肌が弱い方では使えないこともあります。
・成分が安定しにくいため、ただ配合されているだけではしっかりシミまで届かないことも・・・。
・紫外線に弱いため、たくさん使うと将来のシミを誘発する可能性もあります。
・お肌に浸透しにくいです。

ハイドロキノン配合の美白クリームでは、ハイドロキノンを安定してお肌に浸透させるための工夫が行われています。
美白クリームを選ぶ際には、「ハイドロキノンがどうやってシミに届けられるのか」という点を注目したら良いでしょう。
デパートの美容部員さんに聞くと、詳しく教えてくれると思います。
また、ハイドロキノン配合の美白クリームは、短期集中です。今あるシミを確実に薄くするために使いましょう。最近の肌に優しいファンデーションには別の成分を配合することで有名になっていますね

予防型の美白成分

多くの美白クリームは、予防型の成分が配合されています。
将来のシミを予防することで、今以上にシミを作らせないのです。
予防型の美白成分はとても多彩です。
日本酒やお醤油の製造工程でできる麹がつくりだす「コウジ酸」も美白成分の1つなのですよ!
そういえば昔から、杜氏さんの手は白く美しいですよね。

予防型の美白クリームは、その他さまざまな成分(保湿等)とともに長期間使うことになるでしょう。
お肌が弱い方でも使えるような成分が配合されている美白クリームもあります。

美白クリームに配合されている成分をチェックしてみましょう!

「美白有効成分」というものを効いたことがありますか?美白成分と美白有効成分って、実はちょっと違うのです。
美白有効成分とは、厚生労働省に認められた美白成分の事です。
今では、アルブチン、ビタミンC誘導体、ルシノール、トラネキサム酸など、約10数種類があります。
安全性や有効性から、配合する量がきちんと決められています。
多くの美白有効成分は「予防型」です。

あなたの美白クリームに配合されている美白成分は、どんな成分ですか?
美白有効成分配合ですと、安心ですよね。